道の駅 四季の郷公園 FOOD HUNTER PARK フードハンターパーク

2020.07.10
  • Media

【スペシャルコンテンツ】 FOOD HUNTER PARK開業に向けて ~アーキテクトディレクター 船木 浩一~

道の駅 四季の郷公園 FOOD HUNTER PARKのオープンに向けて、開発に関わった様々な方々による施設への想いを紹介していきます。

アーキテクトディレクター 船木 浩一(株式会社JR西日本コミュニケーションズ)

〜FOOD HUNTER PARKでの役割は?〜
四季の郷公園FOOD HUNTER PARKはDBOと言う、設計・建設・運営すべてを担う方式を採用しており、9社の各部門のエキスパートで運営しております。我々JR西日本コミュニケーションズは、9社全体の取りまとめ役と、設計業務の窓口として機能しておりまして、わたしはその設計チームの担当をしております。

〜普段はどのようなお仕事をされていますか?〜
当社はJR西日本グループの広告会社ですが、わたしはその中でも異彩の空間デザインを専門としおており、おりしも今春から「スペースデザイン室」として組織化されました。異彩と言いましたが、我々広告会社は「企業と人と」「人と人と」のコミュニケーションをつなげる仕事です。人が集い、憩い、体験できる空間を作り、そしてその空間と例えば建物の最適な調和を提案していくことを業務としています。

〜本プロジェクトにかかわったきっかけは?〜
一昨年の秋、和歌山市の道の駅事業プロポーザルの話を知り、JR西日本グループの旅のプロである日本旅行と、コミュニケーションのプロである我々Jコミとで参加の狼煙をあげまして、そこに人を運ぶ、食の調達、調理、建物を考える、建てる、楽しいことを考える、人たちがみるみる集まり9社連合でプロジェクトに挑戦することになりました。

〜FOOD HUNTER PARKにかける思い。〜
通り一遍の道の駅ではなく、地域の方々にも新たな発見を、市外・県外からのお客さまには和歌山の素晴らしい食とそして自然を感じてほしい。我々FOOD HUNTER PARKのメンバーのフィルターをかけ、美味しくて、居心地がよくて、こだわりもきちっと持ち、それでもってお洒落な施設を作り上げ、みながこの場所に行ってみたいと思っていただける道の駅を目指します。そして将来、四季の郷公園全体に人々の笑顔があふれたら良いと思ってます。

〜地域のみなさまに一言お願いします。〜
わたしは趣味が波乗りで、地方の海へ行くとやはり地元の方からは他府県から来る者はマナーが悪いだとか、ビジターからは地元の方々は閉鎖的だとかの話を耳にすることがあります。でも一方では、みなさんウエルカムで、ビジターも行儀よい海もあり、いつも良いコミュニケーションが生まれます。みなが相手を思いやり笑顔でいれるとHAPPYですね。このFOOD HUNTER PARKも地域と他所からのお客さまをつなぐそんな役割を担えれば良いなって思っています。

COLUMN How to Be WILD