道の駅 四季の郷公園 FOOD HUNTER PARK フードハンターパーク

2020.07.15
  • Media
  • 火の食堂

【スペシャルコンテンツ】 FOOD HUNTER PARK開業に向けて ~フードスタイリスト 飯島奈美~

道の駅 四季の郷公園 FOOD HUNTER PARKのオープンに向けて、開発に関わった様々な方々による施設への想いを紹介していきます。

フードスタイリスト 飯島奈美

〜本プロジェクトに関わったきっかけは?〜

雑誌の取材で初めて和歌山に来た時に、うめ酢を使ったおいしい唐揚げを農家のお母さんにごちそうになりました。元々梅干し好きだったのですが、うめ酢にも完全にハマってしまいました。それ以降、和歌山が好きになって仕事でもプライベートでも何度も訪れるようになりました。うめ酢が好きすぎてオリジナルのボトルで、うめ酢を商品化し、レシピ冊子もつくりました。そして和歌山との縁がたくさん増えて、今回食堂プロデューサーの源じろうさんに声をかけていただいて参加させてもらうことになりました。

〜FOOD HUNTER PARKに期待することは?〜

自然の中でリラックスしたり、楽しみを見つけたり、集まれる場所になってほしいです。一日に何度も立ち寄りたくなるような気軽な場所。
生産者さんの野菜のオススメの食べ方を教えてもらえたり、食堂メニューのお気に入りを自分でも作れるようにレシピがもらえたり。
そして例えば、「お手軽BBQを一緒にやろう!」、「夜の映画の上映会と映画ごはん」、「自然の中で体操と健康ドリンク作り」、「おいしいコーヒーと炎で焼いたソーセージ、目玉焼き、パンの朝食会」、「昼寝と読書会 ハーブティー付き」
などなど。ステキな場所に妄想がふくらみます。
FOOD HUNTER PARK に行くとちょっとウキウキする出会いがある。そんな存在になって欲しいです。

〜地域の皆様に一言お願いします。〜

仕事柄、撮影や取材旅行で全国各地へいき、必ず道の駅にも立ち寄ります。和歌山のFOOD HANTER PARKは買い物だけではなく、ゆったりとした時間を楽しめそうです。
「かまどで炊くごはん」、「石窯で焼く出来たてのパン」、「生豆から煎る香ばしいコーヒー」
いい響き、本当の贅沢ですね。
地元の食材を使ったおいしくて美しい食堂、炎のBBQ、農業体験!こんなにセンスのいい「道の駅」は見たことがありません。ワクワクします。和歌山県すごい!作り上げた人たちに感謝!
地域の皆様も、生まれたばかりのFOOD HANTER PARKを居心地の良いお気に入りの場所になるよう育てていただきたいと思います。私も地元のように遊びに来たいと思っています。

飯島奈美
東京生まれ。フードスタイリスト。
TVCM、広告を中心に、映画などでも活動中。
主な仕事に、映画「かもめ食堂」、「南極料理人」、「舟を編む」、「海街ダイアリー」「真実」やNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、ドラマ「深夜食堂」 料理番組NHK Eテレ「365日の献立日記」など
主な著書に「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」(ほぼ日)
「ワインがおいしいフレンチごはん」「献立 沢村貞子 料理 飯島奈美」(リトルモア)など。

COLUMN How to Be WILD