道の駅 四季の郷公園 FOOD HUNTER PARK フードハンターパーク

2020.07.02
  • Media

【スペシャルコンテンツ】 FOOD HUNTER PARK開業に向けて ~アーキテクトディレクター 今津 修平~

道の駅 四季の郷公園 FOOD HUNTER PARKのオープンに向けて、開発に関わった様々な方々による施設への想いを紹介していきます。

アーキテクトディレクター 今津 修平 (株式会社Muff/COCCA)

〜FOOD HUNTER PARKでの役割は?〜
 我々設計チームは、四季の郷公園「味覚ゾーン道の駅リニューアルプロジェクト(以下、本プロジェクト)」の居場所づくりに関わるハード面のデザインや設計に携わっています。また、本プロジェクトを運営するLLP内の設計建築部会の取りまとめ役と、設計方針の意志決定などの調整役を担っています。

〜普段はどのようなお仕事をされていますか?〜
MuFFという会社は主に建築やインテリアの設計をする会社で、小さなレストランや個人住宅からマンションや道の駅、宿泊施設などの設計やデザインに携わっています。ここ数年は、社会の「括弧」を開き繋げる実験をすることを目的に集まった「COCCA」というプラットフォームに参加し、業種の垣根を超えた活動の土壌をつくることに取り組んでいます。

〜本プロジェクトにかかわったきっかけは?〜
一昨年の2018年秋ごろに、以前から九州などでの地域活性化の民間プロジェクトなどを通してお付き合いのあったJR西日本コミュニケーションズさんからお声掛けを頂き、このプロジェクトに参加することになりました。

〜FOOD HUNTER PARKにかける思い。〜
身近な経済圏での活動や、人間として根源的な「生きる中での営み」が見直されたり、私たちの「BeWild.野生を楽しもう」というコンセプトを通して、新しい発見や体感ができるような施設を目指したいと考えています。設計側としても、その体験の下地になるための空間とはいかなるものか、を常にチームで議論し検討を重ねています。日本全国に1200弱の道の駅が登録されている中で、全国どこにもない、体験型道の駅になり、地域を誇れる場所となることを楽しみにしています。

〜地域のみなさまに一言お願いします〜
四季の郷公園がこれまで以上に地域に愛される施設となるよう、時間をかけて地域の方々との関係を築くことが出来ればと思います。豊かな森林資源やおいしい食材を活かした、レストランを筆頭に、これまで以上に長時間滞在できる居場所に進化しますので、今後ともよろしくお願いいたします。

COLUMN How to Be WILD